田舎暮らし 二地域居住(田舎暮らし) | 田舎暮らしの総合情報サイト 

田舎暮らしの総合情報サイト

田舎暮らし


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

都市部と農山漁村部を行き来する二地域居住者の世帯年収は700万円未満が半数を超える
都市部と農山漁村部を行き来する二地域居住者の世帯年収は700万円未満が半数を超える

40歳代の約4人に1人は、第二住居を賃貸で実践
 二地域居住

楽天リサーチ株式会社(代表取締役社長:森 学、東京都港区六本木1-8-7)と株式会社日本総合研究所(代表取締役社長:木本 泰行、東京都千代田区一番町16番)は、国内の40歳から72歳の二地域居住実践者を対象に、「二地域居住実践者の実態アンケート」を実施しました。



今回の調査は、2006年10月20日から10月23日までの期間に、楽天リサーチ登録モニター(約140万人)から国内在住の40歳から72歳で都市部と農山漁村部などの両方に住居(持ち家に限らない)を持ち、その間を定期的に行き来している男女を抽出し、有効回答を得た300人のデータを基に集計しました。
『二地域居住』の意義とその戦略的支援策の構想」について(国土交通省)
  『二地域居住』の意義とその戦略的支援策の構想」について(国土交通省) 『二地域居住』の意義とその戦略的支援策の構想」について

「二地域居住」の意義

都市住民は、「こころの時代」の多様なライフスタイルを農山漁村で創造することが可能。

都市生活では難しかったプライベートな書斎やアトリエ、音楽演奏室等の所有が実現。

農山漁村の側でも、一定規模の消費需要、住宅需要等を創出、地域コミュニティ活動や地域文化活動等の新たな担い手の増加。

様々なケア等の生活面や震災等の災害に対するセーフティ・ネット(安全網)の役割。
| 1/1PAGES |
メニュー
新着情報
  
【PR】留学 田舎暮らし 高卒資格 高卒資格 中古別荘 中古別荘 美容専門学校 田舎暮らし不動産 田舎暮らし物件 古民家 田舎暮らし 伊豆別荘 軽井沢別荘 通信制高校 通信制高校 リゾートマンション 田舎暮らし 田舎暮らし 田舎暮らし物件